4224022_l-2.jpg

akaihane

赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金とは

共同募金運動は数ある募金運動の中で唯一、社会福祉法に明記されている募金活動です。


この募金運動は、厚生労働大臣の告示により毎年10月1日から12月31日の3ヶ月間、全国一斉に行われます。
普代村社会福祉協議会では、岩手県共同募金会普代村共同募金委員会の事務局として、この募金運動を推進しています。


村内のボランティアの方々や事業所のご協力により、戸別募金・法人募金等の活動をしています。みなさまから寄せられた募金は、普代村共同募金委員会を経由して岩手県共同募金会へ集められ、そこの設置されている配分委員会で審議され、民間福祉施設や小規模作業所などの整備、そのほか地域福祉・在宅福祉活動など幅広く活用されます。
そのため、共同募金運動は地域福祉を推進する目的で、住み慣れたまちで安心して暮らせるように財源面から支える重要な役割を担っています。
何卒、共同募金の趣旨をご理解いただき、みなさまの善意のご寄付をよろしくお願いいたします。

募金の種類

・戸別募金
 行政連絡員さんを通じて各世帯に赤い羽根を配布し、寄付をお願いする募金方法です。

・法人募金
 企業・法人を中心に、文書や訪問などによって寄付をお願いする募金方法です。

・学校募金
 福祉教育の一環として、村内の小・中学校の児童・生徒へ赤い羽根共同募金活動への参加による募金方法です。

・職域募金
 企業・団体・官公庁などの職場で、従業員が社会貢献活動の一環として行う募金方法です。

・イベント募金
 村内のさまざまなイベントで共同募金ブースを設け、募金を呼び掛け来場者の皆さんにご協力いただくものです。

・窓口募金
 村内の店舗等に募金箱を設置していただき、ご協力いただくものです。

・その他の募金
 共同募金事務局窓口での寄付などの募金方法です。

red-title.png

募金の使途

・移送サービス事業
・高齢者等配食サービス事業 など

運動のようす

​画像は令和3年度のものです

・画像クリックで拡大

red1.JPG
red2.JPG
red3.JPG

歳末たすけあい運動

12月1日から12月31日の一ヶ月間、「新たな年を迎える時期に地域で安心して暮らすことができるように」という願いで、歳末たすけあい運動を行っています。
村内の在宅の寝たきり高齢者、一人暮らし高齢者、在宅心身障がい児者、生活困窮者等の支援を必要とする方々を対象とした見舞金が届けられます。
みなさまのあたたかいご理解とご協力をお願いいたします。


外部リンク

>岩手県共同募金会ウェブサイト

昆布ブラザーズ.png